『ポスティング』のヒント…

当店のように多くのサロンは『ローカルサロン』
そして、ローカルなサロンにとって大切な告知の一つに『ポスティングチラシ』 があります。

どんなに、あなたが素晴らしい『技術』や『サービス』とかを備えていても、
お客様から「知らなかったよ…」と言われたら、意味がありません。

基本的に地域のお客様は、あなたのお店のことは 『知らない』 …と思ってください。
その土地で、あなたが何年サロン経営していようが、基本的に 『知らない』 …のです。

あなたにも心当たりありませんか?… いつも歩く道沿いにあった店舗が閉店してしまい、
「あれ〜ここは前、何のお店だったけ…?」

ってな感じのアレです。

一生懸命にお店の『掃除』をしても、『新しいメニューやサービス』を用意しても、
お客様は、あなたのサロンを知りません。…

なので、ローカルサロンであればあるはど、ご近所への『ポスティングチラシ』は必須です。

ここで、ポスティングチラシの配布ポイントをご説明します。
(チラシ内容のコピー構成などは、ここではあえて省き『配布の方法』についてご説明します。)

1.自サロンを中心に半径1キロ圏内を中心に配布する。
1.『テスト』と割り切ってとにかく、半径1キロ圏内を徹底的に配布する。
1.地図上に、自サロンを中心とした半径1キロの円を書き『1/4分割エリア』に分け、反応率を出す。
1.反応率を出し、多いエリアへ徹底的に、次回から告知アピールを心がける。

だいたい、平均戻り率は 『0.25%』 と考えてください。
わかりやすく言うと、『1万枚配布したら、25人が来店』 …って感じです。

ここで意識するポイントは、

1.チラシ内容が、いかに『独自性(usp)』をアピールできているか。
1.なるべく自分で配布する。

ただ単に、価格や割引を載せるのではなく、『独自性(usp)』が重要。
(ここでのuspの定義は、「うちのお店は、こんな要求にお答えしますよ〜」ってな感じのメッセージ性とします。)
そして自店を取り巻く環境を知るためにも、『自分で配布』がポイントです。

それからチラシ持参の新規のお客様からは、その場で利益をいただこうとは思わないこと。この時、新規のお客様から頂くのは『住所・氏名・連絡先』などの『リスト』
後日、こちらから連絡できるように『リスト』を頂くことに重きを置きましょう。

このポスティングはかなり地味なのですが、必須の告知方法ですので、ぜひ定期的に取り入れることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL