『何それ!』思考…

ぼくが幼少期の頃、
社会的に全てが新鮮だった気がします。

『マクドナルド』『ファミレス』『セブンイレブン』…
今までに見たことのない、それまでの常識を超えた、
一言で言うと『何それ!』が、沢山登場した時代でした。

例えば、マクドナルドの登場は、
食事は『きちんと座って…』的な、既存
概念を吹き飛ばし、
豪快に『歩きながら、かぶりつく』!。

そして、
ファミレスの場合は
『コーヒーのお代わり何杯でも無料!』。

セブンイレブンに関しては、
当初は珍しい
『朝7時から11時までの長時間営業!』

これらは全て、
それまでの時代常識を見事に『ブチ壊した』、
とてもワクワクする概念の登場でした。

それに比べ現代社会は、
閉塞感が漂い『ワクワク感』とは程遠い?
気がします。

近年だと、ぼく的には唯一、
このような『ワクワク感』を提供してくれたのが、
故スティーブ・ジョブズが立ち上げた『Apple』。

彼の世に出した『製品』や発表イベントの『プレゼンテーション』に、
ぼくも含め、実に多くの人々が『ワクワク』したと思います。
(ん〜っ…スティーブ無き今、チト、ワクワクが薄い?と感じるのは僕だけ?)

これらは全て、
『何それ!』を、人々に感じさせたからだと、
ぼくは思います。

ハッキリ言いますが、
今までの延長線上での思考では、
繁栄などはもう無理な時代。

今の時代は再び、冒頭でお話しした、ぼくの子供時代ように、
お客様から『何それ!』と感じていただける
サービスの提供が必要な時代です。

我々のような既存産業でも、
サービス内容に『何それ!』を
取り入れる思考を

今一度、考えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL