価格設定は『逆転の発想』で!

お店の『メニュー価格』を決める時って、
どのようにしていますか?

多くは、おおよそ、周りの他店の雰囲気から…
ってな感じで決めているのではないでしょうか?

例えば、僕の美容業界では、
「ん〜…周辺美容室の価格帯もそうだし、
『カット』メニューだったら、

だいたい 4000円とか、5000円とか…」ってな感じで

『カット』等、いわゆるサービスや商品を、思考の原点とした視点から、
値段設定を考えているのではないでしょうか?

僕的には、逆の発想をオススメします。

『5000円頂くには、どんなメニューかいいだろう…』
『1万円頂くには、どんな…』的な発想です。

それから、時間単価で決めることがよくあるようですが、
例えば『10分1000円』的な発想ですが、ハッキリ言いますが、
これって完全にアウトです!

お客様心理にとっては、全くもって関係ありません。

わかりやすく言うと、『3分でも1000円ok!』って感じです。
本当です。

要は『その価値を感じる』これが本質です。

それから、
僕らサロンビジネスの多くは『リピートが命』です。(ココ大事!)

そもそも『リピート可能』な商品そのものの、

マックス価格を検討し、
その上で『ある秘密のスパイス』(笑)を加えると、

1.5倍以上~の価格付けでも、全然、大丈夫です。

(これ、僕の実証済み!)

上記述の細かな説明をしていると、

また膨大な情報量になってしまいますので、
端折りますが、

要点は『価格設定ありき』からの『メニュー付け』って事です。

すると求める『単価』が明確化します。

この『単価』の思考が不明確だと、その後何をやっても経営は安定しません。

『彷徨い経営』の、はじまり始まり…
と、悲惨な日々になってしまいます。

ハイ、ってな感じで、
今回は『メニュー価格の組み立て』について述べてみました。

少しでも、参考になって頂けたら嬉しいです。

楽しい経営で、
日々を豊かに行きましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL