『忙しい』のは良くないぞ!

いきなり、このタイトルで『?』…と
そして、『忙しい方がいいじゃん!』…と
思われたのではないでしょうか?

しかし、今回のタイトルは、
物事の本質的な側面から見ると、
”事実” なのです。

よく目にする場面で、
「も〜忙しくて!…」と言っている方がおりますが、
そんな人に限って、
ハッキリ言って『貧乏』です。(笑)

何故か?…

この『忙しい』って本来の意味、
考えた事ありますか?

『忙しい』…この字『忙』って、
『心』という字が変化した文字の 
”りっしんべん”
が使われております。

つまり、
『心を亡くしている』って意味です。

なので、
『忙しい』とか『多忙』とかいうのは
最悪の状態です。

一見、忙しい状態だと、
やることが沢山あり、人一倍汗をかき、
より多く、働いているかの様に錯覚してしまいますが、
この状態は、マジ、ヤバイです。(苦笑)

冷静に考えると解るのですが、
心を亡くしている人間に、
人は集まって来ません。

人の集まらないところに
『お金』は集まりません。

そもそも、
『お金』というものは人が運んでくるもので、
お金そのものに『意思』や『足』があるわけではないのです。

人ありきで、
はじめて『お金』や『チャンス』が訪れます。

一方で、
あまり働いていない様に見えるのに
『余裕があって豊かな人』が存在します。

では何故、
『余裕があって豊かな人』と『忙しくて貧しい人』が存在するのか?

それは、
両者の間にはとても大きな
 ”時間の使い方の違い” があるからです。

この ”時間の使い方” が下手な人は、
いつまで経っても、
余裕のない『貧しい世界』のループから脱出できません。

効果的な ”時間の使い方” を理解すると、
『余裕ある豊かな世界』が得られます。

なので、
この『時間の使い方』についての説明を、
次回のブログでご案内したいと思います。


興味のある方は次回を是非、ご覧になってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL