『年商』を意識した『売り上げ』

『商品やサービス』を提供し、

購入していただいた『客数』で計算するのが

『売り上げ』の公式です。

客単価×客数=売り上げ

なのですが、

このままの思考だけだど、

その日暮し?…となります。

これまでの時代は、この思考での営業体制でも

そこそこの?(笑)…

生活水準は保てたのですが、

今はハッキリ言って、

『とても厳しい』と認識した方がいいです。

では今、

どんな思考が必要なのか?

それは、

サロンビジネスの場合、

『一人のお客様から年間幾ら頂きたいか』

を真剣に考える事です。

ひとり顧客当たりから発生する

『年間売上目標』です。

たとえば、

『カットスタイル』での御来店のお客様の場合

の、ひとり顧客当たり『年商目標』は6万円。

とか、

『カットカラースタイル』や

『カットパーマスタイル』での御来店のお客様の場合

の、ひとり顧客当たり『年商目標』は14万円。

と言った、

発想でのメニュー展開です。

具体的には、

ぼくが、セミナーでお伝えしている

『パスポートメニュー』です。

この『パスポート』の思考は

定額を前もって支払って頂いているので

何回御来店でも『無料』です。

なので一見、ただの『割引』?

のように見えるかも知れませんが、

目的は、

一人のお客様から『頂きたい金額を頂いている…』

と言うことなので、

目的は達成されているのです。

しかも、前金にて。

この『前払い』は、サロン(事業)展開を

とても有利にします。

そして、

この『パスポートメニュー』などの作り方は、

このようなメルマガでは、お伝えしにくいので

ぜひ、セミナーや個別相談と言った感じで

直接お話ししたいと思います。

何が細かいのか?と申しますと、

*パスポート自体の

『価格設定の方法・期限の設け方』

*作ったパスポートを販売するための

『告知の方法』(かなり重要!)

*その他諸々…

です。

このパスポート系は、メガ的メニュー(超高単価)

の位置づけとなるので、

しっかりとした『告知』をしないと、

お客様の心に刺さりません。

せっかくのメニューが台無しになる

可能性が高いのです。

なのでぜひ、

ご相談いただけたらと思います。

今回は、前回に引き続き『年商』的な視野でのヒントを

お伝えしてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL