プロ受けするプロって?

先日もお伝えしたように、
今年2019年は、
美容業界過去最高の『倒産件数』だったようです。

ん〜っ…
先代の先生たちの時代とは、
全く違う時代になった…
と言うことですね。


話は変わりますが、

僕は、ロックミュージックが好きで、
若い頃は勘違いして?、エレキギターを弾き、
ライブハウスでバンド活動をしていました。(笑)

そして、
今でも音楽は大切な趣味にしております。


そんな音楽の業界では
プロのギタリストの中でも、
『プロ受けするプロ』と言う人がいます。


本当に、
実力のある演奏をする『プロ』です。


しかし、
不思議とそのような『プロ受けするプロ』の
ミュージシャンに限って、あまり売れていません…

なぜか、

わかりやすく言うと、
一般的なリスナーは、そこまでの完成度を求めていないのに
『プロ受けするプロ』と言うミュージシャンは、
そこを?『追求』してしまうのです。


なので、
一般リスナーには、ある意味『ピン!』と来なくて
イマイチ受けないのです。

その一方、
実力的にはイマイチ?…なのに、
リスナーのニーズに応えているが故
ガンガン売れているミュージシャンもいます。


上手過ぎても売れない…
皮肉ですね。(苦笑)


ってか、

『上手い』と『売れる』は全然違うのです。


僕ら技術者上がりの経営者も
ここを理解して、
『技術の探究』と『顧客ニーズの探究』
を心がけて行きたいものです。

そこのところを、
見極めているか、いないか…

迎える2020年は経営においても、
より一層の格差が広がって行く事でしょう。


ん〜っ…
そんなことを考えている、今日この頃の藤田ですが、
これからも、つながりのある方々と共に向上し、
業界を盛り上げて参りたいと思います。

それでは、また。

=藤田=

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL