サロン運営の『根本思考』とは…

突然ですが、
日本における『人口減少問題』について、
お考えになった事ってありますか?

2020年の現在は『1億2千万人』。
2040年では『1億人』。
2060年では『8千万人』…
となって行くそうです。

よく、人口ピラミッド…とか言いますが、
既に『ピラミッド』ではなく『樽型』です。
そして『逆三角形』へとなって行きます。
http://em-tr250.com/L48806/q2/1471

このような日本事情…
なので、時代に対応して運営方法を考慮するのは
必須です。

では、
サロン運営は具体的にどのように対応したら良いのか?
それは


*『ポジショニング』…
どのような『世代と価値観の人』を相手にするのか?
*『高単価』…
具体的に通常サロンの場合は、最低1万円の客単価
*『集客』…
商圏にフォーカス(サロンから半径500メートル〜1キロ圏内)

です。


いつも、セミナーで藤田が言うのですが、
この順番での思考が大事です。
1. ポジショニング
2. 単価設定
3. 集客

ひつこいようですが、
マジ、この順番での思考が最も大切です。

何故か?…
コレを説明していると、またまた長〜くなってしまいますので、
知りたい方はメールなどで気楽にお問い合わせください。

とにかく、この順番が大事!


そして、『ポジショニング』(世代と価値観)について少々触れると、
価値観というものは、それぞれ育った時代で主に作られます。

どんな時代に育った人を相手に、
自分がどんなサービスを提供するのか?…

ここを明確にして、自身の思考回路を回して行くと
より良い日々の仕事に於いての問題解決策が湧いてきます。

今回は、
少子化問題…
世代による価値観の相違…
サロン運営の根本思考…

この内容が少しでも、あなたのサロンワークの
お役に立って頂けたら幸いです。

さて、もう2月、
張り切って参りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL