『サロンビジネス攻略法』

━ <INDEX>━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
【*】問題提起(ビジネス思考)
【*】売り上げって
【*】適正単価の設定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

====================
問題提起(ビジネス思考へ)
====================

僕らのような、ある意味『職人系』の仕事の人は
どーしても『自らの技術を磨く…』とか、

『サービス・技術・技能知識』に磨きをかける!
的な『技術思考』になりがちです。

それらは確かに、と言うか、当たり前に必要なのですが、

いざ、自分で独立し店舗などを構えたら、
それが、たとえ一人で構えていたとしても

『ビジネス思考』へのステージ移行をしないと
せっかくのあなたのお店が潰れます。

『技術思考』は卒業して
『ビジネス思考』へ進学って感じです。

なので、
ここで改めて『ビジネス思考』を考えたいと思います。

=======
売り上げって
=======

100万円の売り上げを上げるためには…

 単価 × 客数= 売り上げ
  ↓   ↓    ↓
A.100万円 × 1人= 100万円
B. 50万円 × 2人= 100万円
C. 25万円 × 4人= 100万円
D. 10万円 × 10人= 100万円
E. 1万円 × 100人= 100万円
F. 千円 ×1000人= 100万円

ん〜っ…どれも正解ですね。

「藤田さん、当たり前やん!」との声が聞こえてきそうですが、
すみません、改めて確認したいと思い取り上げています。(笑)

ここで、ちょっと質問ですが、

A. 100万円の商品を購入してくれる人を 1人を探してくるのと、
F.  千円の商品を購入してくれる人を 1000人探してくるのでは、

A.Fのどちらが大変だと思いますか?

ん〜っ…
これ、結論から言うと『F』なのです。
まぁ、チト極端な比較質問でしたが、実際そーなんです。

なので、高い単価を設定したほうが
『効率的』な結果が得られるのです。

???と思っていらっしゃるようでしたら、
今一度、よーく『イメージ』をしてみてくださいね。

ん〜っ…
やはり、ビジネスにおいては『効率性』は重要です。

まして個人規模のような、レバレッジの効かない展開のビジネスモデルは
『適正な単価』を設定しないと、
空回りしてばかりで永遠に良い結果が出せません。

以前のメルマガでも書きましたが、『薄利多売』に未来はないので、
あなたは絶対にやめてくださいね。

この『単価と客数』の関係を、%%NameSei%%さんのビジネスに合うよう、
しっかり導き出して展開しないと、厳しい未来がやってきます。

僕は今まで、希望論だけの「ん〜っ…なんとかなるよ〜」的な経営者が、
業界を去っていくのを沢山みてきました。

せっかく、良い技術と豊富な人生経験を積んでいるのにもかかわらず、
人生の後半で『失速』って人を沢山みてきました。

なので、しっかりと理論的に『経営基盤』を考えることが重要です。

あっ、…話がチトそれましたが、(苦笑)

『適正な単価』を弾きだす
ことをまずしていただきたいと思います。

あなたがもし、すでに営業なさっているのなら、
直ちに『単価の見直し』を勧めます。

んっ、ところで『適正な単価』ってどうだすの?(笑)

=======
適正単価の設定
=======

さてここから、超重要なお話をします!(笑)

自店の単価ってどう決めてます?

「業界の平均が、こうだから…」
「近所の同業者が、こうだから…」
「ん〜っ、なんとなく…」

まぁ、いろいろだとは思うのですが、

ここで超カンタン!
〜〜『藤田流!適正単価の設定』〜〜をご紹介いたしま〜す。(笑)

色々な単価の導き方がありますが、
個人規模での展開の場合は、単純にコレをお勧めします!

ズバリ、
『何人のお客様を相手にしたいのか?』
そして、
『その客数には無理はないのか?』

つまり、1日あたりの『無理なくこなせる客数』をイメージします。
(無理なくがポイントですよ!)

全てはここからです。

客数さえ決まれば、
そのお客様一人からいくら頂ければ、経営は成り立つのか?
を考えれば良いのです。

当たり前ですね。実にシンプルです。

〜〜〜例えば〜〜〜
1日『4人』できそうだな。
一日売り上げが『4万円』欲しいな。
すると客単価は『1万円』だな。

以上!(笑)

この例を1ヶ月間で20日間行った場合は
『4万円』×『1万円』×『20日』=『80万円』。
1ヶ月で『80万円』の売り上げ。

当たり前だとお思いでしょうが、
ここが本当に重要ですので、一日に『何名から、いくら欲しい…』
を明確にしてくださいね。

その上で、下記の問題解決策を練ります。

*では、どのような『メニュー(商品・サービス)』を用意するか。
*では、どのように『集客』するか。
を練ります。

いかがですか?
先に、適正な『単価設定』、後に『集客』が鉄板ですよ!

なぜ、『先に価格設定なのか』をここで説明していると、
またまた長〜くなってしまうので、これでおしまい。(笑)

はい、今回は『単価の設定』をお届けいたしました。

まだまだ、お話ししたいことが盛りだくさんですが、今回はこの辺で。

ご質問等があれば、個別にもお答えいたしますので、
お気軽にメールメッセージをくださいね。

次回は<Vol7>
『高単価商品の作り方』についてのレポートを配信いたします。

ところで、あなたの『高単価メニュー』って
いくら位のがあります?

ちなみにここだけの話、僕の店のメニューでは
『5万4千円(税別)』ってのがあります。
(特殊系ではない一般の方が行う、カット&カラーのメニューです。)

これ、結構売れてますよ!(笑)

そんな秘密も暴露しますのでお楽しみに〜。

では、またお会いしましょう。

===office-prato 藤田 稔===