『サロンビジネス攻略法』

━ <INDEX>━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
【*】 他者満足
【*】『好きな事』・『お金になる事』?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

======
他者満足
======

イキナリですが、
『趣味』と『仕事』の違いって明確にわかります?

自分が喜びを感じ、自身が満足するのが『趣味』。
なので、趣味は『自己満足』。

他者が喜びを感じ、他者の要求に応じるのが『仕事』。
なので、仕事は『他者満足』。

仕事として成り立つかなり立たないかは、
その物事が『他者満足』となっているのか?
です。

しかも、ビジネスとして成り立つか、成り立たないかは、
他者が『お金を払ってまで要求することか?』
です。

================
『好きな事』・『お金になる事』?
================

ちと、話は外れますが、

僕は音楽が趣味です。
ロックギターが趣味で今でもギターを『いじって』?ます。
昔は仲間とロックバンドを組んでライブハウスでブイブイ
言わせていた時代もありました。(本当です!笑)

証拠1
(右側のギターが僕です!)

証拠2
(右側のサングラスの男が僕です!)

まぁ、その話は置いといて…(^_^;)

その頃、
当時、僕の音楽仲間の中から、プロダクションにスカウトされて、
プロとしてデビューした友達もいました。

しかし、ほとんどの友人がオリジナル曲を商品として
活躍していたのではなく、クラブでの伴奏メンバーとか、
演歌歌手のバック演奏などが仕事です。

確かに、楽器を演奏してお金をもらっているのでプロですが、
生活も苦しそうで、そもそもストレスが大きくとても辛そうでした…

やはり、『好きな音楽でメシを食う』って大変なんだ…と
その頃、僕はそんな仲間を見ていました。

ここで何が言いたいかというと、同じ音楽でも
『やりたい音楽』と『お金になる音楽』とは別だということです。

稀に、自分のオリジナル曲がヒットして『ビックになる!』(笑)
場合もありますが、僕から言わせてもらうと、
一握りの『天才』です。

なので、ヒットしても一発屋?が多いのです。

『やりたい音楽』を仕事としての継続させる事は稀なのです。

アーティスティックな分野の仕事ほど、
『やりたいこと』と『お金なること』の
バランスをいかにとるのか…
が悩ましいところです。

なので、
『お金をいただく』=『他者満足』を考えずして、
仕事の成り立ちはないのです。

そこを明確にできずに、
現状の仕事においても苦しんでいる人が実に多いです。

「こんな良い商品があるのに売れない…」
「こんな良いサービスを提供しているのに売れない…」
お客様がわかってくれない…
って、感じの思考です。

これって、
自分の世界で『良い』と思っている場合が多々あります。
そもそも、お客様は対価(お金)を出してまで
『欲しい』と思っていない場合があります。

なので、『お客様アンケート』が大事であり、
お客様自身もが気づいていない
『潜在意識の欲求』の掘り出しが大事なのです。

『他者の欲求を満たすことにより、対価(お金)が得られる。』
のがビジネスです。

『他者満足』と『自己満足』…

ですので、
ビジネスとは、いかに自分も楽しみつつ
『他者満足』を提供できるか?
をもとに、思考を凝らすと良いのです。

自分を犠牲にしてもいけませんし、他者を犠牲にしてもいけません。

このビジネス思考から、
「では、どのようなプランで収益を上げよう?」
と具体的な落とし込みが始まります。

初回の『サロンビジネス攻略法』vol1〜vol3の今回まで、
主にマインド的なお話をメインにしましたが、

次回からは、いよいよもっと具体的な収益化などの
ノウハウをお伝えしたいと思います。

てな感じで、次回は<Vol4>『コンセプト』
についてのレポートを配信いたします。

このコンセプトって『超重要』!
ですのでお楽しみに。

では、またお会いしましょう。

===office-prato 藤田 稔===